住所(神田店):〒101-0052東京都千代田区神田小川町3-2
           TEL:03-3233-4121
 


             
 

2016年06月09日

疲れにくいザック

IMG_0545.JPG

東京も朝から曇り空、天気予報もいよいよ梅雨入り宣言。蒸し暑くジメジメするうっとうしさ、雨は登山にはあまり歓迎されませんが、この梅雨の時期こそメルマガでも紹介しましたが日光白根山のシラネアオイや入笠山のスズランなどの花がもっとも綺麗に見られますよ。雨でもゆとりをもってゆっくり楽しい山歩きを楽しんでみてはいかがでしょうか?・・・


と言うことで、

今回は「疲れにくいザック?」のご紹介をいたします。

「疲れにくいザック」と言うと、まず「軽いザック」を頭に浮かべると思います。

たしかにお店でも「軽いザックありますか?」とよく聞かれ、POPにも「軽くて背負いやすいザック」とよく書いてありますよね・・

しかしUL(ウルトラライト)の様に軽さを優先して作られたザックで背負いやすいものはまずなく(ガイドの方々や背負い慣れている方は別として)たいていは肩が痛いなどの弊害がおきます・一般的に軽いザックは特殊な素材で軽くしているのではなく、単にフレームやパット、プレート、ポケットなどの本来あるべき物を省いて軽くしているだけなのです。

たしかに軽さをまったく意識せずにザックを選ぶことは間違いではないですが最優先してしまうのはどうでしょうか・・・?


それよりも今持っている荷物を徹底的に軽量化をはかることのほうが良いのではと思います。

したがって、「疲れにくいザック」=「軽いザック」とは言い難いものがあります。それでは「疲れにくいザック」ってどのようなの・・・?と、疑問が湧いてきますね。よくネットとかガイドブックなどに「背負いやすいザック」は疲れにくいとあり、その要素として、


1、サイズが合っている。


2、フレームが入っている。ウエストベルトのパットが厚くしっかりしているので腰で背負える。


3、ショルダーベルトのパットが厚い。


4、ザックの生地がしっかりとしている。生地が薄いと中の荷物が歩行の  たびに動いてしまいせっかくのパックングが崩れてバランスが悪くなり重く感じてしまう。


などが大切と書かれおり、この時点でもう「軽いザック」とは離れてしまっているようです。

これにもう1点追加。これは個人的な意見でいつもお客様に説明しているのですが 

最近、多くのメーカーが採用している背面メッシュタイプです。

背面のパット部分が直接背中に当たらず空間ができ風が通るため汗をかきやすい梅雨時も快適に背負えて当然、汗のかく量も減りますね。

一般的に言われているのが・・・

大量の汗は水分を失います

 ⇨ 水分が少なくなると血行の流れも悪くなる

 ⇨ 筋肉に乳酸がたまり疲労感になる。

すると当然汗をかかないほうが疲労も少ないと言えますね。

汗をかかないザックこれが一番「疲れにくいザック」の条件ではないでしょうか。

 では上記の1〜4と背面メッシュの要素を満たしたオススメのザックはどの様なザックがあるのでしょうか?  


1オシのザックとは・・・・?


ドイター社のフューチュラシリーズが当てはまります。

最初にドイター社の歴史にちょっと触れておきます

1898年にドイツの「ハンス・ドイター」により創業。

日本人だと竹内洋岳氏が日本人初の8000m峰14座登頂していて時にサポートしていたのがドイターなのです

フューチュラシリーズにも使用しているエアコンフォートフレックスライトシステムはEDITOR’S CHOICE賞などを受賞しています。

そして1930年に背中が密着しないバックパックを発表した。

のちにエアコンフォートシステム(フューチュラシリーズに採用)を開発し

特許を取得した。

フューチュラシリーズは決して軽いとは言えませんが


IMG_0534.JPG

・メーカーがカタログにも載せている様に腰パットがしっかりしており腰で持てるので肩に負担がかからず楽に背負える。


IMG_0530.JPG

IMG_0544.JPG

・こちらはメーカーが特に説明しておりませんが、実物をよく見ると本体の生地が2重になってしっかりしています。これにより歩行中にパッキングが崩れることなくバランスよく背負える。それに2重になることで耐久性と防水性も増します(レインカバー付き)。


IMG_0543.JPG

・何よりもドイター社と言えば背面メッシュザックの先駆者。

1984年に背面メッシュシステムのエアコンフォートを開発

これは実際に使用してみた感想です。(メーカーカタログに載ってません。)

背中に隙間ができ涼しく汗をかくのが少ないため電車内、食堂等でザックを下ろしても背中の汗じみが気になりません。これ、女性は特に気になることではないでしょうか?

この隙間に使用したジャケット、雨具等を挟めるのでポケット代わりに使えます。濡物をザックにしまうと内部が濡れてしまうので気をつかいますし特に、梅雨時は着たり脱いたりの繰り返しが多いですから役立ちます。

と、涼しさ以外にもメッシュ部分の便利な所がありました。


IMG_0539.JPG

・それからもう一つ、使用して便利と気づいた点。

水筒、ボトル等をサイドポケットに収納した際に落下防止するストラップテープが丁度良い位置に付いています。これ、結構大切です。他メーカーを調べましたが、ポケットが浅かったり、ストラップがなかったりして、あるのはドイターぐらいでした。 下り道でボトルを落としている人、崖の下に落としたのだろうと思われるボトルをよく見かけます。山の中では自動販売機はありませんしお水は大切ですから気を使いたい部分です。

又、落とさない様に気を使うのも疲れてしまいますからね。



以上がオススメするポイントでした。


最後に言い忘れましたがもちろん自分に合うサイズを選んで頂くのが大前提です。ぜひ、皆さんのザック選びの参考にしていただければと思います。くれぐれも軽さと背負いやすさは別物の要素ですから「軽くて背負いやすい」と言うセールストークを真に受けないで「自分に合った疲れにくいザック」を選んで下さい。 





ドイター フューチュラ32 ¥16740⇒¥13300 カラー グリーン ブルー
IMG_0549.JPG

レディース フューチュラ30SL ¥16740⇒¥13300 カラー レッド
IMG_0547.JPG


posted by ニッピン at 18:41| ザック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする