住所(神田店):〒101-0052東京都千代田区神田小川町3-2
           TEL:03-3233-4121
 


             
 

2016年10月02日

【スノーボード】25個限定 OVAN×NIPPINオリジナルゴーグル発表&予約受付開始!!!

ovan_magni.jpg
cTRANSWORLD
goggle ovan FIX.jpg
みなさん。そろそろシーズンインですね。

続々と新商品が入荷してきてます。

今年はOVANの日本上陸と合わせ
ゴーグルのストラップをニッピンオリジナルで作りました。
ニッピンからのメッセージを込めたデザインですが
独特な、デザインでよく解らないと言う方もいると思います。

そこで、今回はストラップデザインの概要をスノーボード選びを例にしてお話しましょうか。

尚、このゴーグルを購入されたお客様には、別途、デザインについての解説がつくと言う噂です。あくまで噂ですが。。。

みなさんはスノーボードを選ぶときどんな風に選びますか?

滑りやすさ
硬さ
グラフィック
ブランド

挙げればキリがない程、みなさんのコダワリは店頭でビシビシ感じます。

そのなかでも気になる言葉があります。

「なんかちょっも違うんだよなあ?」

「どこがですか?」と聞いてみても

「うまく言えないんだけど、ちょっと違うんです。」

はて?なかなか難しくなってきましたね。もはや我々もお客様も迷子です。

ちょっと分析してみましょう。

テーマは

私たちがスノーボードをいかにしてスノーボードとして認識するか、」

「またスノーボードはいかにして、スノーボードとなりうるか」

ちょっと昔に流行った認識論を引用して考えてみます。

ここでは3つの認識要素をから掘り下げていきたいと思います。

1.スノーボードの写真
2.現物のスノーボード
3.スノーボードの定義(文字データ)

皆さんはすでにスノーボードというものを知っているから、写真によって記憶を呼び起こし、
写真によるイメージをスノーボードであると認識できます。

そして現物のスノーボードとは色々な素材を組み立てた物質であると理解できると思います。
スノーボードは機能(デザインも含む)と重要な関係にあるのは解りますね。
だから機能(デザインも含む)によって店内に陳列されてるスノーボードがイケてるのか、すべりやすいのかと色々、判断して買う。そしてゲレンデで使用して初めて「スノーボード」として成立することになります。

だから、ただ店内に陳列されているだけでは皆さんの思ってるスノーボードと必ずしも一致しない、意味のない、物質としてのスノーボードとして存在するだけで、それでは先述した通り、本来のスノーボードとして成立しない訳です。

また皆さんはスノーボードの定義など辞書を読まなくても知っているから、
文字としてのスノーボードが書いてあっても皆さんの欲しいスノーボードとは全然違う漠然とした観念しかない訳です。

当初は何気なく見ることの出来たカタログの写真も、陳列された現物と観念としての定義の狭間で、まさしく写真そのものになってスノーボードではなく、スノーボードのイメージ(写真)でしかなくなる訳ですね。

つまり何が言いたいのかと言うと、カタログの写真や店頭で見た現物のスノーボードもネットの口コミや雑誌の文字データも相互に作用して認識に差異が生まれてしまう訳です。

だから「ちょっと違う。」になってしまうのではないでしょうか。


難しい話になりましたが、つまり今回のゴーグルデザインのメインテーマは「認識の差異」ということです。


でも、我々はその「ちょっと違う」を楽しんで欲しいとも思っています。

スノーボードは安い買い物ではありません。
「ちょっと違う」にチャレンジするには勇気がいりますね。そんな時は我々になんでも聞いてください。

「ちょっと違う」から「ちょっと欲しい」にしちゃいましょう。

長文、すいませんでした。

※入荷時期は10月〜11月の予定です。
今回のストラップデザインに関してはここに書けていない話があるので興味ある方は店頭でお声掛けください。
ご予約も店頭で受付いたします。

OVAN MAGNI 20,304円(TAX IN)

〜〜〜〜〜11/5追記〜〜〜〜〜
遂に入荷しました!
やっぱり実物は違いますね。
気になった方、ぜひ実物を見に来てください!
IMG_0841.JPG
IMG_0850.JPG
IMG_0851.JPG

posted by ニッピン at 17:59| スノーボード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする