住所(神田店):〒101-0052東京都千代田区神田小川町3-2
           TEL:03-3233-4121
 


             
 

2016年10月13日

ザンバランとは?

ZANBERLAN.png
いつもはスポルティバ推しのニッピンですが、今回はザンバラン社のお話をさせていただければと思います。

ご存知の方も多いと思いますがザンバラン社は北イタリアで1929年創業の登山靴ブランドです。
因みにスポルティバ社も北イタリアでほぼ同時期の1928年に創業しています。
スポルティバ社は接着技術が高くナイロン系のハイテクな靴が得意ですが
ザンバラン社は革のつりこみ技術が高くクラシカルな革靴が得意です。
この時期複数の登山靴ブランドが創業していますがほとんどのブランドが林業や農業用の靴作りからスタートした中
ザンバラン社はいち早く登山靴専門に靴作りを開始しています。

ザンバラン社が最もこだわっているのは
・足型
・素材
この二つです。

より長い年月の使用でも型崩れしないよう
通常3-4時間で足型成形を終わらせてしまうメーカーもある中、
ザンバラン社は24時間かけて、革に蒸気と熱を加えながら足型に成形していきます。

また素材にも徹底的にこだわり、良質な革の産地として有名なイタリア中部トスカーナ地方と北部チロル地方の牛革を主に使用しています。

創業者ジュゼッペ・ザンバランの孫にあたるマルコ・ザンバラン現社長も
新しい技術も取り入れながらも良質な素材を使いイタリア国内での生産を続ける」
ノルウィージャン製法やグッドイヤーウェルテッド製法などの伝統技術を伝承する取り組みを行っている」
とPEAKS 2015年11月号で語っています。

ザンバランの靴に足を入れてみるとこのこだわりを感じることができます。
最新テクノロジーを感じるというよりは安心感を得られます。
だけど古い靴とは違い軽くフィット感も得られる。
この絶妙なバランスがザンバランらしさだと思います。

ニッピンには

・3000mクラスに対応できる(※ソールの硬さの意味)
・700g以下
・3万円前後

これらの条件をクリアする靴がスポルティバに無く、探していたところ
ザンバランに行き着きました。

そして10月より取り扱いを開始したのが

「シェルパ プロ」
IMG_0809.JPG
この靴はこの価格帯では一番ソールがしっかりしていて10kg程度の荷物を背負っても
ソールが負けません。
また、アッパーにザンバラン拘りのトスカーナ産の革を使用しているため履くごとに足に馴染んできますし
足首も安定します。
またザンバラン伝統のつりこみ製法により、昔ながらの安心感と、フィット感を体感できます。
それでいて重量は690g(EU42)とトレッキングシューズ並に軽量です。

価格は定価38,880円と少し条件をオーバーしていますがそこは企業努力でなんとか。。。

・ハイキングシューズからステップアップしたい
・今履いている靴が古くなったから買い換えたいが、日帰りから3000m小屋泊までカバーできる靴が欲しい
・永く履ける靴が欲しい

こんな方にオススメです。

スポルティバとはまた違う個性のあるザンバランも是非一度履きに来ていただければと思います。

posted by ニッピン at 13:32| 登山靴 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする