住所(神田店):〒101-0052東京都千代田区神田小川町3-2
           TEL:03-3233-4121
 


             
 

2017年04月21日

メスナーテントについてのお知らせ&DUNLOP VSシリーズについて


〜メスナーテントについてのお知らせ〜

弊社オリジナルブランドとして今年39年を迎えるメスナーテント
昨年より新型メスナーテントを開発中です。
更なる進化を遂げた「NEWメスナーテント」の登場、ご期待ください!

《お詫び》
新モデル開発に伴い、現行モデル(2モデル)は製造終了となりました。
完売後はNEWモデル発売まで、メスナーテントをご用意できません。
皆様には一時ご迷惑をお掛けすること、心よりお詫び申し上げます


〜メスナーテントのマインドに一番近いテントはこれだ!〜

《メスナーテントのマインドとは》

@強風下でも設営が簡単であること(ドライエッケン方式)

A風に強く耐久性のあるもの(ドライエッケン方式&ボトムに40d以上の生地を使用)

B横入り口であること(使い勝手・前室の広さ・雨の侵入)

上記3条件全てを満たすテントは
現状国内に流通しているテントでは1モデルしか存在しませんでした。
それはズバリ

DUNLOP VSシリーズ
m_VS10_001.png
@強風下で設営のしやすい吊り下げ式を採用
tent_tech04.jpg
A縦の生地と斜めの生地を縫い合わせることで力の逃げ道を作り風に強く、
 またボトムに75dの生地を使用し耐久性がとても高い
tent_tech05.jpg
​B横入り口&三角形状にすることで雨天時に便利&ファスナー故障が軽減
 また前室が広く、雨の侵入も軽減
tent_tech07.jpg
​C生地にポリエステルを使用することで水分を含みにくくし実質的な軽量化を実現
 また紫外線による劣化に強い
data.png

さらにDUNLOPはMade in JAPANにこだわっています
madeinjapan_img.jpg
一般的には「日本製だから高品質」というイメージがありますよね
実際、DUNLOPテントの特徴である

「生地を斜めに裁断し縫い合わせる」

ことができるのは現状では国内の職人にしかできません。

しかしDUNLOPが国内生産にこだわっている最大の理由は

「フットワークを軽くするため」

です。
DUNLOPのブランドイメージはズバリ

「タフ」

山岳会や山岳部で使用している方も多いですよね。
こうした方々に支持されているのもタフさの裏付けになているのでしょう。
お客様から修理の依頼があれば即秋田工場にて修理をし、
新作のアイディアがあれば即プロトタイプを作り、またこれらの積み重ねによる
膨大なデータこそがDUNLOPの強みです。
また、DUNLOPテントは全てのテントを検品してから出荷しています。

安心して使えるテント、DUNLOP。
今シーズン、ニッピンはDUNLOPテントVSシリーズをお勧めいたします。

DUNLOP VSシリーズ


m_VS10_001.png
m_VS10_002.jpg
m_VS10_003.jpg
​フライシート:30Dポリエステルリップ
インナーテント:30Dポリエステルリップ
グランドシート75Dポリエステルリップ
ポール:DAC-7001S
付属品:ペグ12本・張綱4本・収納袋


1人用 VS-10 間口205cm×奥行  90cm×高さ100cm 1,550g(総重量1,770g) 
2人用 VS-20 間口205cm×奥行120cm×高さ100cm 1,660g(総重量1,870g)
3人用 VS-30 間口210cm×奥行150cm×高さ105cm 1,900g(総重量2,100g)


フルモデルチェンジを遂げた新VLシリーズはこちら

VL26画像.jpg
VL26本体.jpg
​フライシート:20Dポリエステルリップ
インナーテント:10Dナイロンリップ
グランドシート30Dポリエステルリップ
ポール:DAC-7001S
付属品:ペグ12本・張綱4本・収納袋


1人用      VL-16   間口205cm×奥行  90cm×高さ100cm 1,210g(総重量1,400g) 
2人用      VL-26   間口205cm×奥行120cm×高さ100cm 1,360g(総重量1,550g)
2人用(ロング)   VL-26T 間口225cm×奥行120cm×高さ100cm 1,440g(総重量1,640g)
3人用      VL-36   間口210cm×奥行150cm×高さ105cm 1,530g(総重量1,730g)

〜新VLシリーズが軽量化できた理由〜

ユーザーからの軽量化に対する要望は非常に強いです。
しかしPUROMONTEとしては耐久性を落としてまで軽量化したいと考えていません。
VLシリーズの膨大な修理データから、フライシートと本体生地が
同じ20Dポリエステルリップ生地を使用しているにもかかわらず
フライは風による裂けの修理があるのに対し本体はほとんどない。
※理由は防水加工による生地の伸び量の差によるものと考察
つまり本体生地をさらに軽量化しても耐久性に影響はない
というデータの元、新VLシリーズが誕生しました。
posted by ニッピン at 11:14| テント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月17日

第2回メスナーテントフォトコンテスト結果発表!!!

第2回メスナーテントフォトコンテスト。

今回もご応募いただいた皆様ありがとうございました。

今年もたくさんの素敵な写真に出会えました。

また今年の投票はfacebookに加え、instagram、twitterも連動させていただきました。

ご投票いただいた皆様も本当にありがとうございます。

後日ニッピンのウェブサイト上に第2回メスナーテントフォトコンテストの特設ページを開設し

そちらで応募作品を発表させていただきます。

今しばらくお待ちください。


それでは発表させていただきます。


【グランプリ】

DSC_1914.jpg

タイトル『燕岳にメスナーテント村出現!』

コメント『北アルプス・燕岳でメスナーSARASARA EVOが3張も。
     朝は晴天に恵まれ最高のテント泊となりました。
     メスナーテント愛用者が増えていて嬉しいです!
     ※撤収時のため諸々ご愛嬌です^^;』

ニックネーム:岳山葵


【準グランプリ】

IMG_3302.JPG

タイトル『マイ別荘』

コメント『夏休み 涸沢にメスナーテントを張って穂高を楽しんできました。
     メスナーは涸沢で一番かっこいいテントでした。
     メスナーは我が別荘です。』

ニックネーム:あべ


メスナーテント愛を感じる素敵な写真をありがとうございました!
お二人には別途メールにてご連絡させていただきます!
各SNSの投票数を合計した結果この2作品の受賞となりました。
他にもたくさんの素敵な写真がありますので、ページ開設まで今しばらくお待ちください。

【投票ラッキー賞】
こちらの8名の方には各SNSよりメッセージを送らせていただきます。
お手数ですがメッセージを受け取られた方はご返信いただけると助かります。


皆様、本当にありがとうございました!
それではまた次のイベントをご期待ください!!!
posted by ニッピン at 15:16| テント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月25日

LEKIが当たる!第2回メスナーテントフォトコンテスト開催!!!

ポスター.png
こんにちは、大和田です。
昨年スタートしたメスナーテントフォトコンテスト。

今年も開催いたします!

昨年は告知が不十分&期間が短かったため、反省を活かし今回は期間を長くしました!
また、今回はキャラバン社&ラフマ・ミレー社に協賛していただき、豪華賞品となりました。

皆様のかっこいいメスナーテントをお待ちしております。


【賞品】

グランプリ1名
1300327.jpg



準グランプリ1名
1300215.jpg


投票ラッキー賞8名
MILLETネックピロー&アイマスク(非売品)

参加賞 応募者全員
メスナーポストカード

応募内容
メスナーテントが写った写真を募集いたします。
ご自身で撮影した写真でお願いいたします。
人物が写っていても風景との写真でも構いません。
※未発表作品に限ります。

受付期間
2016/8/1〜2015/9/30

応募方法
⑴メールアドレスnippin.webshop@gmail.com
まで必要事項をご記入の上ご応募ください。
何度ご応募いただいてもOKです。
※ご応募いただいた写真・ニックネームは公開されます

【必要事項】
@応募写真1枚 ※メスナーテントが写っているものに限ります
A写真のタイトル
B写真についてのコメント
C投稿者のニックネーム
Dメールアドレスの件名に「フォトコンテスト参加」とご記入ください

⑵メール送信後2〜3日以内に
ニッピンオンラインストアから
「ご応募完了メール」を送信します。
もし届かない場合は恐れ入りますが再度ご応募をお願いいたします。
※2016/10/1以降、ニッピン本店にてこちらのメールをご提示いただければ
「参加賞」のポストカードをプレゼントさせていただきます。

投票方法
ニッピン神田店のFacebook上にメスナーテントフォトコンテストのアルバムを作成します。
そしてそのアルバム内に随時応募画像をアップしていきます。
instagramにも#メスナーテントフォトコンテストのハッシュタグを付けてアップしていきます。
投票にご参加いただける方は、(1) (2) (3)いずれかの方法でご参加ください。

(1)Facebookにログインまたはご登録いただき、いいなと思った写真にいいね! をしてください。
※スマートフォンからなどでアルバムに直接飛べない方は、ニッピン神田店のFacebookを開いていただき 写真→アルバム の順に開いていただくと一覧をご覧いただけます
いいね!は何度していただいても構いません。ぜひ沢山していただけると嬉しいです。
いいね!後ニッピン神田店のFacebookページに投票参加とメッセージをください。
当選後の連絡の際メッセージにてご連絡するためです。

(2)twitterにログインまたはご登録いただきニッピン神田店をフォローしてください。
#メスナーテントフォトコンテントのハッシュタグが付いた写真でいいなと思った写真にいいね❤︎をしてください。

(3)instagramにログインまたはご登録いただきニッピン神田店をフォローしてください。
#メスナーテントフォトコンテントのハッシュタグが付いた写真でいいなと思った写真にいいね❤︎をしてください。

投票期間
2016/8/1〜2015/10/10

結果発表
10月下旬にこちらのブログで発表いたします!
大賞はFacebook上のアルバム内の いいね! の数とtwitter,instagramの いいね❤︎ の数の合計で決定したいと思います。
いいね! の数が同数の場合、スタッフが厳正なる協議をし、決定させていただきます。
投票ラッキー賞は いいね! をしてくれた方の中から厳正なる抽選で決定させていただきます。

展示会開催
ご応募いただいた写真は
ニッピン本店にて展示いたします。
ご応募いただいた方も、そうでない方もぜひこの機会に
ニッピン本店へ足をお運びください!


応募作品の著作権・使用権

●応募作品の著作権は撮影者に帰属します。


●ニッピン(日本用品株式会社)は応募作品を無償で使用する権利を有します。


●応募作品は主に以下の目的で使用します。


(1)ニッピンの広報宣伝物への掲載(新聞・雑誌広告、ポスターなどの印刷物、またホームページ、ブログなどのwebコンテンツとしての2次利用など)。


(2)発表ポスターへの掲載・出版物への使用。※撮影者のニックネームを表示する場合がございます。


posted by ニッピン at 11:36| テント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月18日

メスナーSARASARA GORE-TEX最終販売致します!


IMG_9243.JPG


こんにちは、大和田です。

大変お待たせいたしました。

とてもお問い合わせの多かった

メスナーSARASARA GORE-TEXの最終入荷分の発売日が決定いたしました。

11月20日(金)11:00発売開始です。

最終入荷数は

1-2人用5張、2-3人用15張、合計20張です。

秋葉原本店、神田店、ONLINE STOREで販売いたします。

メスナーテントのGORE-TEXを使用したモデルが買える最後のチャンスです。

ご購入ご検討の方、よろしくお願いいたします。


※@1-2人用のみ、底部のブルーのフラップがチャコールに変更となります。

※Aまた、1-2人用、2-3人用共にポールがグリーンからライムグリーンへ変更となります。(N1000と同じポールになります)


posted by ニッピン at 10:12| テント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月20日

メスナーテントフォトコンテスト大賞&投票ラッキー賞発表!

こんにちは、大和田です。
大変お待たせいたしました!
メスナーテントフォトコンテストの結果を発表したいと思います。
25作品のご応募本当にありがとうございます。
どれも素敵な、メスナーテントが輝いて見える作品で、スタッフ一同感動しました。
投票にご参加いただいた皆様も本当にありがとうございます。
皆様とこのような交流ができて大変嬉しいです。
これからも色々企画したいと思いますので、今後ともよろしくお願いいたします。

それでは、発表させていただきます。

【大賞】
image1 のコピー.JPG
タイトル『凍った湖の上で』

コメント『1月の北海道の、凍った網走湖の湖上で贅沢にテント泊。普段は立つことができない広い湖上にテントをたて、寒さも忘れ、満天の星空を仰ぎ見た時間は忘れられません。』

ニックネーム:オックン

【投票ラッキー賞】

木村 真和 様


オックン様、素敵な写真をありがとうございます。
そしておめでとうございます。
一番のいいね!を獲得です。

そして投票ラッキー賞の木村様、おめでとうございます。
抽選の結果、見事当選です。

お二人には別途メールにてご連絡させていただきます。
今しばらくお待ち下さい。

皆様、ありがとうございました!
posted by ニッピン at 09:27| テント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月02日

ヒトココが当たる!メスナーテントフォトコンテスト投票受付中!!!【9/13(日)まで】

メスナーテントフォトコンテスト開催中です!豪華賞品もご用意しております。応募&投票でぜひご参加ください!詳しくはこちらhttp://nippin.seesaa.net/article/423022092.html

Posted by ニッピン神田店 on 2015年7月28日



こんにちは、神田店大和田です。
メスナーテントフォトコンテストにご応募いただいた皆様ありがとうございます。
素敵な写真がたくさん集まりました!
ご応募は締め切りましたが、投票はまだまだ受付中です!
皆様、ぜひ投票でご参加お願いいたします。
投票にご参加いただいた方の中から抽選で1名様に、
ヒトココ子機をプレゼントいたします!
ヒトココについての紹介は下記ブログをご参照ください


【投票方法】
Facebook上にメスナーテントフォトコンテストのアルバムを作りました。
Facebookアカウントをお持ちの方はログインをしていただき、上記リンクよりいいなと思った写真に『いいね!』をお願いします。
Facebookアカウントをお持ちでない方は、大変お手数ですが上記リンクよりFacebookを開いていただきFacebookアカウントを取得し下記リンクでいいなと思った写真に『いいね!』を押してください。

【当選発表】
9月中旬に、大賞と共にブログで発表させていただきます。
投票による当選者の方はイニシャルで発表させていただき、Facebookのメッセージでご連絡させていただきます。

素敵な写真がたくさんありますので、ぜひ皆様投票をお願いいたします!!!
posted by ニッピン at 15:11| テント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月29日

ヒトココが当たる!メスナーテントフォトコンテスト開催!!!

こんにちは、大和田です。
前回のメスナーテント誕生秘話の時に告知させていただいた
メスナーテントのイベントを開催いたします!

「メスナーテントフォトコンテスト」
IMG_9371.JPG
ぜひこの機会に皆さまのかっこいいメスナーテントをお見せください!
ご参加いただける方のために、豪華賞品をご用意させていただきました!!!
なんと!
今回は応募の方だけでなく、投票していただいた方にも豪華賞品が当たります!

賞品
で以前ブログに書き大変反響のあった山のお守り
「ヒトココ」
なんと、今回このヒトココを賞品とさせていただきました!


IMG_9365.JPG
【大賞】1名様ヒトココ親子セット
【参加賞】メスナーポストカード
【投票ラッキー賞】1名様ヒトココ子機

応募内容
メスナーテントが写った写真を募集いたします。
ご自身で撮影した写真でお願いいたします。
人物が写っていても風景との写真でも構いません。
※未発表作品に限ります。

受付期間
2015/8/1〜2015/8/31

応募方法
⑴メールアドレスnippin.webshop@gmail.com
まで必要事項をご記入の上ご応募ください。
何度ご応募いただいてもOKです。
※ご応募いただいた写真・ニックネームは公開されます

【必要事項】
@応募写真1枚 ※メスナーテントが写っているものに限ります
A写真のタイトル
B写真についてのコメント
C投稿者のニックネーム
Dメールアドレスの件名に「フォトコンテスト参加」とご記入ください

⑵メール送信後2〜3日以内に
ニッピンオンラインストアから
「ご応募完了メール」を送信します。
もし届かない場合は恐れ入りますが再度ご応募をお願いいたします。
※2015/10/1以降、ニッピン本店にてこちらのメールをご提示いただければ
「参加賞」のポストカードをプレゼントさせていただきます。

投票方法
ニッピン神田店のFacebook上にメスナーフォトコンテストのアルバムを作成します。
そしてそのアルバム内に随時応募画像をアップしていきます。
投票にご参加いただける方は、Facebookにログインまたはご登録いただき、いいなと思った写真に
いいね! をしてください。
※スマートフォンからなどでアルバムに直接飛べない方は、ニッピン神田店のFacebookを開いていただき 写真→アルバム の順に開いていただくと一覧をご覧いただけます
いいね!は何度していただいても構いません。ぜひ沢山していただけると嬉しいです。
※ただ、いいね!の数で当選確率が変わるわけではありません。

メスナーテントフォトコンテスト開催中です!豪華賞品もご用意しております。応募&投票でぜひご参加ください!詳しくはこちらhttp://nippin.seesaa.net/article/423022092.html

Posted by ニッピン神田店 on 2015年7月28日


投票期間
2015/8/1〜2015/9/13

結果発表
9月中旬にこちらのブログで発表いたします!
大賞はFacebook上のアルバム内の いいね! の数で決定したいと思います。
いいね! の数が同数の場合、スタッフが厳正なる協議をし、決定させていただきます。
投票ラッキー賞は いいね! をしてくれた方の中から厳正なる抽選で決定させていただきます。

展示会開催
ご応募いただいた写真は
2015/10/1より2016/3/31まで
ニッピン本店にて展示いたします。
ご応募いただいた方も、そうでない方もぜひこの機会に
ニッピン本店へ足をお運びください!

応募作品の著作権・使用権

●応募作品の著作権は撮影者に帰属します。


●ニッピン(日本用品株式会社)は応募作品を無償で使用する権利を有します。


●応募作品は主に以下の目的で使用します。


(1)ニッピンの広報宣伝物への掲載(新聞・雑誌広告、ポスターなどの印刷物、またホームページ、ブログなどのwebコンテンツとしての2次利用など)。


(2)発表ポスターへの掲載・出版物への使用。※撮影者の氏名および居住地を表示する場合がございます。

posted by ニッピン at 12:57| テント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月10日

メスナーテント誕生秘話

DSCN0754.JPG
こんにちは、大和田です。
BE-PAL7月号で「メスナー」の特集が組まれてますね。
ニッピンといえばメスナー。そしてメスナーテント。
これはまたとない機会なので筆を執らせていただきます。


登山界のレジェンド『ラインホルトメスナー』
メスナーの挑戦を支えた道具たち。
今回はメスナーテントがどのように誕生したかを当社社長に聞いてみました。


Q.そもそもメスナーってどんな人ですか?
dolomites-510822_1280.jpg
A.1944年に南チロルで生まれたイタリア人です。
南チロルは元々はオーストリアだったのでドイツ語がネイティブなのですが、第一次世界大戦によりイタリアとなったため
イタリア語も話すようになりました。その為、チロルは今も道路標識などは2ヶ国語が表記されています。
メスナーはドイツ語・イタリア語に加え英語も流暢です。
3歳から父親と山に登り、10代の頃には既にアルプスを500回以上も登攀するほどの山好きでした。
その後、1978年に人類初となる無酸素でエベレスト登頂、1980年には人類初のエベレスト単独無酸素登頂、そして7大陸最高峰無酸素初登頂、さらに1986年には世界に14座ある8000m峰無酸素初登頂を果たし、8000m峰に合計16回も登頂した「超人」と呼ばれている登山家です。


Q.ニッピンとメスナーはなぜ関わり合いを持つようになったんですか

A.今から約30年前、ドイツのミュンヘンで開かれているISPOのスポーツ見本市でメスナーと出会いました。当時すでに無酸素登頂で売出し中の新進気鋭の登山家だったメスナー。
当時の登山業界ではアルピニズムの中心はヨーロッパと考えられていた中、メスナーは真摯に話を聞いてくれました。
すっかり意気投合し、その場でアドバイザリースタッフの契約を結ぶことになりました。
今考えると不思議なくらいスムーズでした。熱意が伝わったんだと思います。
ちなみに私はドイツに滞在していたのでメスナーとはドイツ語でコミュニケーションをとっています。


Q.なるほど、そしてメスナーテントを開発することになったんですね。

A.いや、すぐにテントの開発を始めたわけではありません。
ただ、使用しているテントには不満があり、もっといいテントが欲しいという思いがあったようで、契約からしばらくして
メスナーから「テントを作ってほしい」と依頼がありました。


Q.どのように開発していったのでしょうか

A.手書きの設計図がメスナーから送られてきたのが始まりです。
メスナーは
・軽いもの
・設営の簡単なもの
この2点にすごくこだわっていました。
集団で登る極地法が主流だった当時、アルパインスタイルで登るためには軽量化はとても重要なポイントでした。
そして8000m峰に無酸素で登るということは、意識が朦朧とし、幻覚を見ることもあります。
そんな過酷な状況でも瞬時に簡単に設営できるシステムが必要でした。


Q.すぐに作ることができたんですか?

A.これまでにない全く新しいものを作る必要があり、一筋縄ではいきません。
ただ当時はテント職人も若く、埼玉県草加市にテント工場があったので、
一週間でプロトタイプを作りメスナーのもとへ届けました。
現地にも頻繁に行きました。自宅、見本市だけでなく、
時にはメスナーの講演先だった、ケルンのホテルのロビーでテントを拡げて打ち合わせることもありました。
さすがにその時はホテルの方には怒られましたけどね笑


Q.こだわったポイントはどこですか?

A.まず軽量化。これを実現するために出した答えがシングルウォールテントです。
当時GORE-TEXを使ったテントはまだなかったので、大きな挑戦でした。
そして設営方法です。極限状態ではスリーブ式では設営が困難な為、吊り下げ式を採用したいのですが
吊り下げ式では8000m級の風には耐えられない。
そこで誕生したのがドライエッケンシステムです。
吊り下げ式なのに一番風に強い構造。
そしてスカート。総重量を減らすためには余計なものを持ち込まない。
テントの淵にスカートを付けそこにピッケルなどを置くことでペグを使わずに
耐風性能を上げることができるようにしました。


Q.そしてメスナーテントは完成したんですね。デビューはどこだったんですか?
MESSNER.EVEREST.jpg
A.デビューは1978年のエベレスト無酸素登頂の時です。
登頂成功の知らせを聞いたときはとても感動しました。
その後のメスナーの挑戦はメスナーテントとともにありました。
メスナーシシャパンマ.jpg
メスナーK2.jpg
メスナー.jpg

こうしてメスナーテントは誕生したんですね。
今も進化を遂げ開発され続けているメスナーテント。
ここからは社長に変わり私が紹介させていただきます。


これまでの話でご承知の通りメスナーテントといえばシングルウォール。
シングルウォールタイプのメスナーテントが

メスナーSARASARA EVO(写真は2-3人用です)
IMG_9270.JPG
独自開発のN-LAMINATEという素材はGOREに匹敵する耐水圧と透湿性を誇り、さらにGOREよりも軽量です。
テントで一番結露するのはバスタブです。
そこでバスタブも透湿素材を使用することにしました。
現在、バスタブも完全に透湿素材を使用しているテントはメスナーテントだけです。
そして日本の山岳シーンに合わせスカートをフラップにしました。
フラップを付けることで通常のテントより風に強くなり、スカートよりも軽量化できます。
フラップの無い通常のテントに比べ若干の重量は増えますが、快適性・耐風性を優先しております。



そして現在の山岳テントシーンでのスタンダードであるダブルウォールタイプのメスナーテント。
メスナーN-1000(写真は4-5人用です)
IMG_9248.JPG
もちろんドライエッケン方式です。
設営が楽、風に強いだけでなく使い勝手にまでこだわり出入口をD字にしてあります。
また超軽量思考が進んでいる現在ですが、底の生地を薄くしすぎると実用の限界を超えるとの判断から
メスナーシリーズではボトム素材を40Dのナイロンを使用しております。



最後に!!
大人の事情で今後生産できずこの世から消えてしまうGORE-TEXテント。
なんと、大変少量ですがメスナーカラーで限定復活です。
メスナーSARASARA GORE-TEX(写真は1-2人用です)
IMG_9243.JPG
現在メスナーテントは海外で生産しておりますがこちらのGOREモデルだけは
初代メスナーテントを作った草加の職人が1張1張ハンドメイドで生産しております。
こちらのモデルだけは大変貴重な為、店舗限定販売なのですが、
オンラインストアリニューアル記念として
期間限定で7/31までオンラインストアでも販売できることになりました。




今までは店舗販売中心で、山で遭遇することも少なかったメスナーテント。
そんななかメスナーテントを愛用していただいた皆様、本当にありがとうございます。
これからはオンラインストアにも力を入れていきメスナーテント仲間を増やしていきたいと思います。
山岳テントご検討で、メスナーテントにビビッときた方、ぜひこの機会にメスナーテント仲間になりましょう!


最後に、今年の夏の終わりに、メスナーテントフォトコンテストを開催したいと考えております。
メスナーテントをご愛用いただいている皆様にお願いです。
今年の夏、ぜひメスナーテントが写っているかっこいい写真を残し、フォトコンテストにご参加お願いします。
見事大賞の方にはお宝賞品をご用意しております。
皆様のご参加楽しみにしております。
よろしくお願いいたします。
posted by ニッピン at 16:50| テント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする